外国人雇用のルールは守れていますか?6月は「外国人労働者問題啓発月間」です

厚生労働省では、毎年6月を「外国人労働者問題啓発月間」と定めています。

今年は「外国人雇用はルールを守って適正に~外国人が能力を発揮できる適切な人事管理と就労環境を!~」を標語に、労働条件などルールに則った外国人雇用や高度外国人材の就職促進について、事業主などを対象とした集中的な周知・啓発活動を行うとしています。

なお、「外国人労働者問題啓発月間」の主な概要は以下の通りです。(その他の概要や詳細については厚生労働省HPにてご確認ください。)

①実施期間
平成30年6月1日(金)から6月30日(土)までの1か月間

②個々の事業主などに対する周知・啓発、指導
・都道府県労働局、労働基準監督署、ハローワークは、事業主などに対し、あらゆる機会を利用して外国人の雇用・労働条件に関する取扱いの基本ルールについて情報提供や積極的な周知・啓発、指導を実施。

・特にハローワークでは、指針に基づいて、事業所を訪問して雇用管理の改善指導を集中的に実施。

③技能実習生受入れ事業主などへの周知・啓発、指導
・都道府県労働局、労働基準監督署、ハローワークは、技能実習生を受け入れている事業主等に対し、技能実習生についても、外国人雇用の基本ルールの遵守が求められることや、労働基準法などの労働関係法令が適用されることについて、関係機関と連携を図りつつ、あらゆる機会を通じた周知・啓発、指導を実施。

・労働基準監督署では、労働基準関係法令違反が疑われる技能実習生受入れ事業主に対して監督指導を実施するとともに、悪質な事業主に対しては、送検を行うなど厳正な対応を実施。人権侵害が疑われる事案については、出入国管理機関及び外国人技能実習機構との合同監督・調査を行い、労働基準関係法令違反が認められ、かつ、悪質性が認められるものなどについては、積極的に送検を実施。

人手不足などを背景に外国人を雇用する企業も増えてきています。この「外国人労働者問題啓発月間」に今一度自社の外国人雇用で問題等がないか確認されてみてはいかがでしょうか。

(参考:厚生労働省 報道発表資料)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000208921.html

2018年5月29日 | カテゴリー :