顧問先さんが「健康経営優良法人2018」中小規模法人部門で認定されました

こんにちは。

淀川区の小野社会保険労務士事務所です。

最近少し暖かい日も増えてきて、少しは過ごしやすくなってきましたね。寒いのは苦手なのでこのままだと有難いです。

さて、話は変わりますが、弊所の顧問先さんで健康経営に非常に熱心に取り組みをされているところがあるのですが、先日その顧問先さんが「健康経営優良法人2018」の中小規模法人部門で認定されました。

会社名の公表はまだ了解を頂いていないのでできませんが、中小規模法人部門は全国で775法人しか認定を受けていないそうなので、そういった企業さんの顧問をさせて頂くというのは、社労士としては大変嬉しい出来事です。

昨年、私も東京商工会議者で健康経営アドバイザー(初級)の認定を受けましたが、そもそも受講しようと思った最初のきっかけはこの顧問先さんの影響が大きかったので、そういった経緯からも今回の認定は特に嬉しかったです。

どの程度貢献できたかは分かりませんが、少しはお役に立てたかなぁなんて思ったり。

社労士業務に生かしたい。健康経営アドバイザー研修を受講しました。

健康経営に関する相談ですが、私の周りだけかもしれませんが、比較的多いです。

健康経営とは「社員の健康を重要な経営資源と捉えて、社員の健康の維持・増進と企業の生産性向上を目指す経営手法のこと」なのですが、取り組みを進めることで、生産性の向上が見込めたり、企業のリスク回避や低減、社会的評価の向上にも繋がりますので、取り組んでいこうと思う企業さんは積極的に進めていただければと思います。